Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

株式投資

「銘柄連呼」には警戒せよ

最近、ツイッターのTL上を見ていると個人投資家の元気があまりないような印象を受ける。地合いと投資家の心理状況とは相関性があるので、投資家心理を知る上では役に立つ。「人の行く裏に道あり花の山」との相場格言があるが、地合いが暗転している状況で積…

トレードの癖を可視化するメリット

トレード日記を付けている個人投資家は多い。取引対象の銘柄や売買履歴、エントリーポイントについて自分なりに分析した結果などをノート類に書き記す。こういった作業は一見地味だが、思考過程を後で追跡できるという点でその効用は大きい。頭の中だけで物…

「仕手株」にどう向き合うか

特定銘柄が特定アカウントを中心に派手に盛り上がり、その後何事も無かったかのようにひっそりと終焉を迎えるケースは多々ある。ツイッターでは日常風景だが、必ずと言って良いほど再起不能なダメージを負う投資家が出てくる。ツイッター上で出回る株関連の…

短期目線でチャート分析を重視する意味

株式投資では、一般的に投資手法はファンダ派とテクニカル派に大別される。両者は時に互いのスタンスを否定し合い、どちらがより優れた投資手法なのかを主張する。私の個人的な意見では、二項対立的に両者を比較し、どちらがより優れた投資手法なのかをジャ…

退場する人間の特徴とは?

株式投資にギャンブル的要素があるにせよ、そう簡単に退場する人間は居ないだろう。ただ、そうは言っても、実際に退場する人間は少なからず存在する。では、どういった人間が退場しやすい傾向にあるのかについて簡単に考察して行こう。それを踏まえた上で、…

短期スイングは「銘柄」以上にタイミングを重視

騰がる株を教えてくる専門家と、買うタイミングと売るタイミングを教えてる専門家がいるとしたら、本当にマーケットのことを理解してトレードも上手いのは明らかに後者。でも初心者は前者の話しにしか興味がない — さとこ株 (@dawin1859) October 2, 2018 短…

資金管理の可視化

私は、スイングトレードがメインなので、それほど頻繁に売買はしていない。ただ、その代わりに資金管理には気を配っている。取引の間隔が空くと前回の売買履歴についてあまり思い出せなくなる。わざわざ、証券口座にログインして探す手間は惜しい。 以前はノ…

投資に役立つ、他ジャンルの本

投資に役立ち、なおかつ文体が平易で内容的にも面白い本を紹介する。紹介する本は読む上で前提となる知識は要求しない。どれも内容的に興味深い本ばかりだ。 お金は人を幸せにも、また不幸にもする。投資で運用するお金を実生活の中で使用する「お金」と同義…

全力二階建ては軽く死ねる戦法

今、話題のTATERUでこんなツイートを発見した。 TATERU信用全力おじさんがヤフーに降臨してる。 pic.twitter.com/pkfJXfqOKS — HyperParadise (@pregnant_boy) 2018年9月3日 pic.twitter.com/MjAG4gqVCq — HyperParadise (@pregnant_boy) 2018年9月3日 相当…

ノリで選ぶ、ビギナー向けの株式投資の本

⑴「新高値ブレイク投資術」 株式投資をする上で、一番基本的な手法となるのは「トレンドフォロー(=順張り)」である。新高値を更新した銘柄は更に上値を追う、というチャートの基本原則に沿った手法が著者の個人的エピソードを踏まえつつ紹介されている。 一…