Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

トレード成績は公表する必要はない

f:id:mrkabusky:20180904061516j:plain

個人投資家の多くはトレード成績を公表するのが好きらしい。常々思っていたが、それをしてどうなるというのか?

 

まぁ、心情としては分からなくもない。好成績だと発言内容の信用度は高まる。信者が増えれば利益誘導ができるのかもしれない。

 

 

でも、私はあまりこういうのは好きではない。金を稼ぐ目的はやりたい事を実現させる為だ。他人を利用して自分だけ利益を得ることはしたくない。

 

もちろん、トレード成績を公表する人間を全て否定する訳ではない。勝手にすれば良いというだけの話だ。ただ、私のポリシーに反するのである。

 

 

ちなみに、以前の質問箱に「1000万から1億にした方法を教えてくれ」という内容の投稿が来たが、これは不正確な情報だ。

 

私はツイッターで記憶の限りでは、一度も資産額を公表したことはない。投資を始めた時の元手はもっと少ない。

 

 

名誉の為に言っておくが、それなりに資産額は増えた。十分な利益が出たら適宜出金して投資額を調整していたので、正確な合計利益は把握していない。

 

ただ、「それなりに」という文言から推察して欲しい。これ以上はご想像にお任せする。ちなみに、元手50万ほどあれば、勉強して経験を積めば300万ぐらいまでは普通に増やせるとは思う。

 

もちろん、「普通=簡単」という意味ではない。いきなり増やすことなど当然できない。段階別に戦略的なプランを立てる必要はある。ただ、それを乗り越えて種銭が増えれば、資産運用するのがもっと楽になる。

 

 

株取引は結局、需給が全てで、その波に乗れれば資産は短期間で効率的に増やすことができる。だから、増やすこと自体は難しくない。継続的な利益を得るのが最も難しいのだ。

 

話は戻るが、トレード成績を公表するメリットはあまり感じられない。数字だけにしか興味がない残念な人間しか寄って来ないからだ。こういう人間はどこまでも利己的だ。長期的な関係性を築くには全く向いていない。

 

 

トレードが上手いかどうかは発言内容でそれなりに判定できる。トレード成績に嘘がないかどうかアラを探す人間が良くいるが、よほど暇なのだろう。そんなに他人が気になるかね、という話だ。

 

私は私の考えに共感してくれる人たちと良質な関係を築きたい。たとえ、顔の見えない相手でも、最低限の礼節を持って学べるところは学びたい。そういう中で自分が成長できたら、それが一番の収穫なのではないかと思うのである。