Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

プレミアグループ(7199) 短期観測・続編

f:id:mrkabusky:20180906211924j:plain

前回の続きである。

 

www.kabusky.com

 

本日終値は3950円(9月6日現在)。

一時安値3835円をマークしたが、引けにかけてプラ転。25日線付近で反転し、下ヒゲつけて陽線引けしているので、買い意欲が優勢になってきていると言える。

 

ただ、明確な買いサインが出ているわけではないので、相場の転換点を示したと判断するのは難しい。明日以降のローソク足の形状を見ないと確定的なことは言えない。ただ、経験則的に反転する日まではそう遠くないと言えるだろう。

 

前回の記事で3750円ラインが反転ポイントと予想したが、少し修正しなければならない可能性も出てきた。ただ、本日安値との価格差は85円なので、誤差の範疇と言えるだろう。

 

下値を想定する場合は、何もピタリ賞を狙う必要はない。尻尾の部分をイメージすることは大事だが、ある程度のレンジは受け入れた方が良い。とにかく、明日の終値がどうなるか注目したい。