Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

チャートが崩壊した時は要注意

f:id:mrkabusky:20180913234753p:plain

 

私はファンダは参考程度に、基本的にはチャートの形状を重要視してトレードしているのでよく理解できる。過去、大相場を築いた銘柄を見てほしい。

押し目を形成しながら上昇トレンドを描いている。しかし、一旦大きく崩れたら最後、見るも無残な姿になっている。

「ガチホ!ガチホ!」と連呼したところで目の前の崩落を止めることはできない。握力は急速に緩めるべきである。上場銘柄は約3600。一つぐらい見逃してもモウマンタイだ。

上昇トレンドを描いた銘柄の終末期は出来高増の大陰線をつけることが多い。教科書的な展開である。いつもスマートに逃げられるとは限らないが、分かりやすいサインが出てきたら即座に逃げることをお勧めする。世界記録を出すレベルで逃げよう。