Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

FXと仮想通貨の勉強を開始

f:id:mrkabusky:20180919001336p:plain

正直言って、何を今さら感は否めないが、FXと仮想通貨の勉強を始めた。FXについてはすでに「DMM.com証券 」で口座開設した。選んだ基準は特にないが、とりあえずメジャーだからというのがシンプルな理由である。今、口座を開設すると2万円のキャッシュバックがあるので、お得感はある。

 

ちなみに、本格的な売買を開始するのはもう少し先になりそうだ。正直に言って、FXについての知識は皆無に等しい。株と異なり、見るべき経済指標に差があることから、その辺に関する基本的な知識を体系的に身に付けておきたい。デモトレードができるらしいが、株取引の経験上、あまりこういった類のツールは役に立たないと思っている。

 

実際にリスクを取るのと取らないとでは雲泥の差がある。リスクを取った瞬間に目の前の現象がそれ以前とは全く異なって見えてくる。株の世界で嫌というほど体験しているので、FXについても恐らくそうであろうというのが私の見立てである。だから、デモトレードをするつもりはない。

 

仮想通貨についてはFXよりもやや詳しいが、その実態を具体的にイメージできるほどではない。「マンガでわかるビットコインと仮想通貨」と「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」は一通り目を通した。前者の方が入門書としては分かりやすいと思う。ただ、この2冊だけではまだ不十分なので、今後も色々な書籍に手を出していきたい。

 

ちなみに、2017年は仮想通貨元年と言われるが、株の世界で仮想通貨に手を出していた投資家はあまりいなかったのではないかと思う。仮想通貨関連の銘柄は2017年以前に軒並み値上がりしており、実際に何銘柄か取引したが、その価値を本当に理解していたのは私も含めてあまり居なかったのではないだろうか。

 

ただ、今後は株の世界に常駐しているだけでは良くないと思っている。仮想通貨についてはまた大きなムーブメントが起きるのではないかと予想している。まだ確証はないが、非中央集権的な管理体制下にある仮想通貨の用途は想像以上に広い。投機的な対象として見られており、まだ法整備も十分でないことから、まがい物の仮想通貨は一定数レベルで存在する。

 

仮想通貨がより普及化される前にその実態について深く知っておくことは投資家として必須なのではないかと思っている。そういうこともあって、ある程度勉強したら実際に仮想通貨の売買をしていきたいと思う。今後については、備忘録も兼ねて勉強した内容をブログにて紹介していきたいと考えている。