Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

退場のリスクは常に想定しよう

f:id:mrkabusky:20180925013856p:plain

 

私はフォロワーの方を逐一覚えてはいないが、ツイートをすると反応をしてくれる方は少なからず居る。去年まで低くない頻度で反応をしてくれた方が、今年は全く見かけなくなった。

上記のツイートを見てふと思い出した。株を専業でやっている方であると記憶しているが、退場したのではないかと少し心配している。

株は知識があり、経験も豊かな人間でも退場するリスクは常にある。相場は銘柄だけに注目すれば良いのではなく、市場全体の潮目にも注目しなければならない。あと、投入する資金額によっても退場するリスクは異なる。

よくあるのが、全力信用二階建てである。現物を担保に同銘柄を信用余力をフル活用して購入する手法である。成功すれば資産は倍増する。その反面、かなりリスキーな手法だ。仮に失敗すれば、毛根までごっそり抜かれるぐらいのショックを受ける。良い子は真似をしないように。

ともかく、いかに冷静にトレードするかが重要だ。目の前に砂金が大量に転がっていても、安易に手にとってはいけない。金製の小型爆弾かもしれないからだ。

初心者に関係なく、アドレナリンが分泌されると興奮状態になる。そうなると、冷静な判断ができなくなる恐れが生じる。興奮して最終的にバーストしてしまったら元も子もない。脳内に強烈にインプットしておこう。