Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

「ウルフ村田銘柄」の情報をいかに利用するか?

f:id:mrkabusky:20180930023441p:plain

タイトルに釣られてクリックした方は多いだろう。正直言って、あまり俗っぽいテーマを扱うのは本意ではない。ただ、綺麗事を並べてお茶を濁した内容の記事を書いてもつまらない。有料noteにしようかと思ったが、俗っぽいテーマで人を集めて小銭稼ぎをしていると思われるのは本意ではない。だから、やめることにした。

ツイッターで銘柄情報を検索する人間で、ウルフ村田さんの名前を知らない人は居ないだろう。私がウルフ村田さんのことを初めて知ったのはテレビ番組であったように記憶している。奇妙な印象を受けたが、同時に頭の切れる印象も受けた。頭の良い人は早口で話すイメージがある。そのイメージに合致していた。

本題に移るが、ツイッター投資法をしている投資家にとっては、ウルフ村田さんの提供する銘柄情報をどう利用すべきか頭を悩ましているのではないだろうか。特に初心者の投資家にとっては、どの銘柄に乗るべきか皆目見当がつかないだろう。これは私個人の意見であるが、彼女が情報発信する銘柄は玉石混交である。良い銘柄もあるが、難易度の高い銘柄もある。特に後者の銘柄はそれなりの投資経験がないと見分けがつかないだろう。いわゆる「仕手株」や「思惑先行銘柄」も含まれるので、それを理解した上で取り組まないと大やけどをする。

ちなみに、トレードをする際にどういう銘柄なのか全く判別できないと言うのならば、積極的に取引することは控えた方が良い。最終的な判断をするのは個人の自由だが、仮に大きな損失を出したとしても自己責任である。損失した原因を他人に転嫁するようなマヌケな人間はひたすら四季報とにらめっこして独力で銘柄を探した方が良い。

とは言うものの、情報の即時性という観点からはウルフ村田さんの提供する情報は有益なものも含まれている。実際に、私も彼女のツイートから短期的な資金の流れを把握することはある。上手く情報を利用すれば、短期間で資産を大きく増やすことも可能だろう。要は、情報の受け手側のリテラシー次第で薬にも毒にもなるのである。最低限、チャートを分析できるぐらいの能力は磨いておこう。