Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

オハラ(5218) 現状認識編

f:id:mrkabusky:20181001230610p:plain

まずは、前回の記事:オハラ(5218) 新たに注目編 - Mr.Kabuskyの投資論

本日(10月1日)の終値は前日比+205円3250円。反転してから順調に上値を追っている状況である。次のターゲットは直近高値3370円であるが、テクニカル的にはやや過熱感を帯びている。

ボリバン(10日・25日)の+2σは共に3220円台であることから、新規の買いを入れるには少し躊躇われる水準である。直近高値3370円を明確に上抜けると、レンジが一つ上の段階に移行するので、それは期待したいところではある。そうなると、3370円ラインが下値支持線として機能する可能性が高くなる。

ただ、目先は一旦調整する可能性も視野に入れて行動したいところである。週足を1年スパンで見ると、三角もち合いから上値抵抗線を突破し、上昇トレンドを描いている。中長期的な視点で見ると、じっくりとチャート形成した方が良い。相場の急な変化には気を付けたいが、トレンドが明確に崩れるまでは継続的に観察していきたい。

ちなみに、短期スイングをしているのなら小まめに利確することをお忘れなく。