Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

新たな銘柄探しの旅に出るとしよう

地合いが不安定な時は静観する。これは私のポリシーである。不安定とは、トレンドがはっきりしない局面のことを言う。

トレンドの方向性が明らかでない時はあまり大立ち回りしない方が良い。特にデイトレ以外だと急な潮目の変化に対応できず、波に飲み込まれて溺死する可能性がある。

個人投資家にとって最も重要なことは、資金拘束されるリスクを極限にまで抑えることである。理想的にはそうであるが、実際にはなかなか難しい。

ツイートにもあるように、日経平均の節目は23000円ラインだと思っている。ここを明確に突破すればトレンド復帰と言えよう。

個別株に取り組む投資家にとっては、日経平均のチャートの優先度は低いだろう。ただ、地合いを知らずに個別株に取り組むのは少々危険である。

値上がり銘柄が局地的に見られても、地合いが悪ければ一過性のものになってしまう。リスクオンムードに突入するには、やはりアップトレンドの方が心理的にも穏やかになれる。

私個人は、日経平均が23000円ラインを明確に突破すれば再度相場に復帰する。もちろん、プレミアグループを保有しているので今現在も参加中である。

ただ、短期スインガーとして復帰するには相場の方向性が明確になることが前提条件と言える。新規銘柄に参入する場合も、地合いの方向性が見えないとリスクが取りづらいからだ。