Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

相場の方向性が安定するまでは静観モード

日経平均の日足では、一目均衡表の雲の下限で下げ止まっており、目先の下値目安は22000円台前半と予想される。ただ、依然としてデッドクロスしている状態なので予断は持たない。方向性がはっきりしない局面では安易にポジションを取らないのがポリシーである。新興市場においてはさほど気にする必要はないが、市場全体がリスクオフモードに突入すると問答無用で売り込まれるのでそこだけは注意したい。個人的には11月上旬以降に相場の方向性が明確になると思っているので、それまではまったりと行く。

ちなみに、新規銘柄についてはまだ検討中である。現在は、ザラ場を常時監視できる状況にないのでデイトレ的なトレードは控えている。その代りに、note版「短期スイング概論」の執筆に時間を割いている。まとまった時間を確保することが難しいので遅々とした進捗状況だが、今週中には何とか書き上げたい。字数的には最低1万字以上にはなる予定だが、あまり冗長な説明にならないように気を付けている。文章だけで完結させるので、体系的なトレード論になるように心掛けたい。目下の関心事はnote版の記事を完成させることである。やるしかない。