Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

暴落局面では「買い目線」で待機

相場全体の流れを的確に把握することは難しい。今回の世界同時株安については予兆はあった。しかし、人それぞれポジションの取り方が大きく異なる以上、即座に対応できる投資家はごく一部だったのではないだろうか。

私は短期スイングをトレード手法のメインに据えている。空売りはあまりしない。利益を得るという点から見ると、空売りも1つの有効な戦法だ。ただ、短期スイングではザラ場を見ないことが多いので、リスク管理の観点からは割に合わない。だから、メインは買い目線である。

短期スイングのメリットは、トレード手法自体が低リスクという点にある。もちろん、銘柄選定も重要で闇雲にトレードすれば良いというものではない。ただ、今回のような暴落局面に遭遇しても、普段からリスク管理に重きを置いているので、致命的なダメージを負いにくい。

相場全体がセリクラを迎えた時が復帰の目安となる。今はまだその時ではない。本当に「暴落」と言えるには、もっと一気に下げた方が良い。総悲観のムードが市場全体を支配し、先行きに対して弱気予想に転じるまでは様子見だ。

こういった荒れた天候の中では、「プロ」の予想は役に立たない。後付け講釈を垂れても、「今どうすべきか?」についての明確な回答をしている人間は少ない。やはり、信ずべきは自分自身であると強く思っている。