Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

相場ゲーム再開

ここ一週間ほどは相場を休んでいた。正確には、一時銘柄を保有していたが、数日でリリース。リスク管理の一環である。本日(7日)の昼頃には中間選挙の大勢が判明するようだ。私は後場以降に参戦予定である。ただ、ポジションは控えめにするつもりである。

短期スイングは相場全体がリスクオンムードに突入し、全体として活況を呈している時に本領を発揮する。地合いが不安定の時は基本的に静観の立場を守る。今現在は、デイトレができる状態ではないので、戦法は短期スイング一本である。

ちなみに、note版「短期スイング概論」は順調に売れている。嬉しい限りである。慈善事業として真面目に執筆したが、なかなか苦労した。空き時間を利用して書いたので、集中力が分散したのである。やはり、まとまった時間で集中的に執筆した方が性に合っているのかもしれない。

大体、私がブログを執筆する際も一気に書き上げている。時間換算すると10分~15分程度だろう。勢いで書いた方が全体の流れが滑らかになる。今後もそれを意識してブログを書いていきたいところだ。

noteを購入された方には心より感謝申し上げたい。値段的には少々高額なのは自覚しているが、書いてある内容を意識したトレードを実践すれば短時間で回収できるだろう。このブログでも何度も書いているが、実際のトレードにおいては知識は最低限度で十分である。マニアックで詳細な知識は後で趣味程度に補えば良い。イメージとしては、投資をある種のゲームと捉えることである。

ゲームだと捉えることで、多少は気が楽になるはずだ。大きな利益を上げている人間でも理屈だけで勝負している人間はほとんど居ないと思っている。経験則で鍛えた第六感的センスで補っている部分は大いにあるはずだ。そういった意味でも、あまり気負うことなく私もこの相場というゲームを心より楽しみたいと思っている。