Mr.Kabuskyの投資論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

冴えない相場

ツイッターのTLを見ていると、「本業が忙しくなったと言っている人間=退場した奴」などと揶揄した投稿内容を目にした。言わんとすることは理解は出来るが、こういう発言をする人間自体が上手く行っていない可能性はあるだろう。

相場が不安定になると人間は感情的になる。投資家同士の醜い小競り合いも頻発し、陰険な雰囲気が漂う。ネガティブなマインドを持った人間とは関わらない方が良い。特に今のような相場状況では、メンタル面でのケアが1番重要になる。感情的な判断に身を任せるとロクな結果をもたらさない。自戒を込めてそう思っている。

大方の予想では、下げ相場に移行しつつあると踏んでいるらしい。私も基本的にはそう予想している。下がることが分かって、ショートしている人間もいるだろう。私の場合は、ダブルインバース以外はあまり触れないことにしている。「本業」が忙しく、時間的コストの観点から割に合わないと思っているからだ。株式投資は資金集めをする手段であって、「職業」として捉えていない。したがって、基本的に「買い目線」で待機することで問題ないと思っている。

今後、完全に下げ相場に移行した時が「戦線復帰」の狼煙となるだろう。そういった状況になれば、東証1部の大型株を中心に、企業価値と比較して割安水準の銘柄を手掛ける予定である。勿論、新興市場で成長株の資質のある銘柄が見つかれば取り組むことになるだろう。ただ、マーケットが縮小すると資金流入の期待値が下がるので、選定基準を見誤ると手痛い思いをするので注意が必要である。当面はそういう心持ちで相場の流れを見守りたい。