Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

「仕手株」にどう向き合うか

特定銘柄が特定アカウントを中心に派手に盛り上がり、その後何事も無かったかのようにひっそりと終焉を迎えるケースは多々ある。ツイッターでは日常風景だが、必ずと言って良いほど再起不能なダメージを負う投資家が出てくる。ツイッター上で出回る株関連の情報には手垢が付いたものが多い。特に個人が主体的に発信する情報にはバイアスがかかっており、それを鵜呑みにするのは非常にリスキーであると言える。中でも、仕手株に関する情報には細心の注意が必要である。

仕手株は値動きの軽い小型株であるのが一般的で、豊富な資金力を持った投機筋が人為的に株価を操作するのが最大の特徴である。勿論、明確な材料が存在するケースもあり、全て資金力の問題に還元するのは乱暴な意見だが、仕手株に対する一般的なイメージは上述の通りである。最近では、仕手株の背後にいる本尊が可視化されるケースが目立つ。こういったケースでは、本尊の行動に誰もが注目する。彼らの一挙一動に注目し、発言内容を頼りに投資判断を下す。特に投資経験が浅いと提供される情報に全幅の信頼を置きやすい。冷静に考えると、これは非常に危うい心理状態である。

本尊が自分の保有株について積極的に発信するのは善意からではない。端的に言うと、「提灯買い」を期待しているのである。理屈として頭で理解していても、実際に売買する際には忘れやすい基本的事実である。ただ、過去に仕手株で煮え湯を飲まされた経験があれば警戒心を持ち、マネーゲームと割り切った上で上手く立ち回ろうとするだろう。そして、仮にダメージを負っても再起不能なレベルにまでは達しない。

勿論、投資経験が浅くとも、「養分」になるリスクを最小化することはできる。その為には、投入する資金量を調整したり、チャートと出来高の推移を確認したり、過去の仕手株の末路を研究したりなど、出来ることは沢山ある。こうした作業は全て基本的な手続きである。仕手株で致命傷を負うケースは些細な判断ミスであることが多い。危険な綱渡りをしていても、本人が「自分だけは例外」と思っていては、判断過程に甘さが出てしまう。

仕手株に取り組むこと自体に善悪はない。ただ、利益の追求に集中し過ぎる余り、リスク管理に甘さが生じる事態だけは避けたい。その為には先に述べた様に、基本的な手続きを怠らないことが致命傷を回避する適切な方法であると言える。そのように理解すれば、たとえ仕手株であっても、想定外の結末は起こりにくくなるだろう。