Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

アクモス(6888)

f:id:mrkabusky:20190423001458j:image

※詳細な分析は省き、簡易的な分析のみを記す

結論から言うと、わざわざ手出しをするメリットはないように思う。チャート自体は下降トレンドを形成し、一目均衡表では直上に抵抗帯が存在している。ところで、私は短期スイングを投資の基本的スタイルとしている。短期スイングでは、「上昇トレンドを形成している銘柄を、順張りで取り組むこと」を念頭に置いている。その方針からすると、こういった銘柄は取引対象には入らない。基本的に見送るべきだと思っている。

f:id:mrkabusky:20190423030515j:image

ちなみに、価格帯別出来高を見ると現価格帯上で株価が推移している。一見、サポートとして機能しているが、予断は禁物である。やはり、全体のトレンドが下降気味であり、買い目線で見ても「良いところ」があまりない。仮に現価格帯を明確に割り込むと強烈な上値抵抗帯として機能することになるだろう。その点でも、あえリスクを冒す必要性はない。したがって、今後の研究材料として観察する以外は、手出しは無用であると言える。