Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「Mr. Kabuskyの投資論」(https://note.mu/mr_kabusky)とツイッター(@kabu_ism)で、投資についての個人的な考えを発信しています。

「煽り屋」を神格化しない

「煽り屋」が連呼する銘柄にパブロフの犬並みの速さで反応し、ホールドしたまま灰になる事例は後を絶たない。

銘柄選びに割く時間をショートカットし、手軽に「値上がりしそうな銘柄」を見つけられる点で、ツイッターは便利なツールであると言える。上記のツイートの通り、短期需給の銘柄を見つける場合、なるべくタイムラグが生じることなく情報を集める必要がある。そういう意味では、リアルタイムに新鮮な情報が流れるツイッターは魅力的に映る。

ただ、使い方を誤ると冒頭で述べたように、簡単に「昇天」してしまう。資金力の点で「死」を迎えたくないのであれば、使い方には細心の注意を払いたいところである。やはり、ツイッター上で流れる情報を鵜呑みにすることなく、自分の「眼」でしっかりと精査する力は普段から養っておきたい。

その為には、投資スタイルの確立は勿論のこと、それ以上に「煽り屋」が煽り屋たる所以を知ることは重要であるように思う。「煽り屋」はボランティア精神で銘柄を連呼している訳ではない。絵に描いたような善人はこの世にはほぼ居ない。端的に言うと、影響力を行使したいのである。中にはそうではない人間も居るだろうが、常識的に考えるとその割合は少ないように思う。

実際に「煽り屋」が連呼する銘柄に取り組むと、上記のような「事実」を忘れがちになる。ポジションを持つと、損失したくない気持ちが全面に出てくる為、そういった「事実」からは目を背けてしまいやすくなる。ただ、実際に大きな含み損を抱えてから次の一手を考えるのは遅い。

だからこそ、「煽り屋」の発信する情報を盲信するのではなく、自分なりの投資スタイルを確立した上で参考程度に情報を利用すべきであろう。決して、「煽り屋」を神格化してはならない。「当たり屋につけ」という有名な相場格言があるが、あれは金魚のフンみたいにひたすら付いていけ、という意味ではない。上手く情報を利用して利益を上げる為には、その前提として自分の投資スタイルが確立されていることが必要不可欠なのである。