Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「短期スイング概論」(https://note.mu/mr_kabusky/n/nd297d59032e2)でメイン手法についての個人的な考えを発信。

難しい局面では勝負しない

f:id:mrkabusky:20181007214351p:plain


下げが断続的に続く相場では、いわゆる「雰囲気投資」をするリスクは高まる。ショートで参戦する場合と同様に、買い目線の場合も根拠なくエントリーするのはリスクでしかない。

常に「悲観的であれ」という訳ではないが、現状の相場環境はあらゆる指標で警告信号を発している。その指標に沿って、底値が確認されるまでは静観の立場で問題ないだろう。

投資家の中には、他人の手法やテクニカルについての考え方にイチャモンを付ける輩が見受けられるが、「勝てば官軍」の精神で基本的にスルーで良い。

他者に対して高圧的な態度を示す人間は、不必要に他者に強い関心を持っているか、強い精神疾患があるかのどちらかである。こういった人間に対して直接的に関与する時間そのものが無駄である。

とかく投資の世界では、執拗に他者の投資手法に難癖をつける輩が多い。常時、こういった輩の言動を目にする環境に身を置いていると、フラストレーションが高まるばかりである。ミュートなりブロックなりを駆使して健全なトレード環境の整備に努めたいところである。

他人に何を言われようとも、投資家の最大の目的は、キャピタルゲインやインカムゲインを得ることである。たとえ、トレードのプロセスに欠陥があったとしても、それは後で修正すれば良いだけである。そもそも、再現性のある手法を初期の内から確立することは不可能である。

失敗の経験を経て、微修正を繰り返す。相場に参加するタイミングも緩急をつける。自分の得意な局面でしか勝負しない。それらを自分用にカスタマイズしていけば何も問題はないだろう。

関連記事:資金管理の可視化 - Mr.Kabuskyの雑論