Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「短期スイング概論」(https://note.mu/mr_kabusky/n/nd297d59032e2)でメイン手法についての個人的な考えを発信。

株情報を収集する為にどんなアカウントをフォローすべきか?

f:id:mrkabusky:20181015223959p:plain

専業投資家でもない限り、相場の状況を常時監視することはできない。また、自分一人の力だけで分析しようにも限度がある。ツイッターでは株式市場についての色々な情報を独自の視点から考察するアカウントは多い。彼らの力を一定程度借りることも相場観を養うのに役に立つ。

「ツイッターでの情報は役に立たない」という声も聞こえるが、私はそうは思わない。そう言う人間がツイッターを利用してること自体が自己矛盾であると思わなくもないが、人それぞれ意見を持っているので厳しいツッコミはあえて控えておく。

ツイッターに転がる情報は玉石混交である。一見、もっともらしいことを言っていてもソースが不確かで、実は偏向的で主観的な意見も多々ある。常に客観的で正しい情報が転がっていると思い込むと痛い目に遭うだろう。

ただ、そうは言っても、リアルタイムに新鮮な情報を確保できるという意味ではツイッターは利用価値の高いツールであるように思う。特に市況をざっくりと把握するにはツイッターのようなSNSを利用することは有意義であると言える。

その際、どんなアカウントをフォローすべきか?という問題があるが、基本的には市況全体を客観的な立場から分析しているアカウントや、特定の手法を個別具体的な場面でどのように適用するのかについて解説しているアカウントをフォローすることを個人的にはおススメしたい。もう少し具体的な解説については「短期スイング概論|Mr.Kabuskyの雑論|note」にて意見を載せている。無料の箇所に掲載されているので、その部分だけでも興味のある方は一読して欲しい。

特定銘柄を闇雲に連呼しているようなアカウントは参考にはならないだろう。煽りアカウントを監視するという意味合いでフォローするのなら話は別だが、勉強する素材としてはあまり役に立たない。あくまで、エンタメ要素としての位置づけがベターだろう。ちなみに、株式市場全体の動向に影響を与える情報を満遍なく集めるという姿勢も重要である。

株式市場の様子は他の分野と連動して変化していく。それ自体が単独で動くという事態にはならない。そういう意味でも、多方面からの情報を吸収し、自己の相場観の養成に役立てたいところである。

 

投資のプロが選ぶオススメの一冊