Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「短期スイング概論」(https://note.mu/mr_kabusky/n/nd297d59032e2)でメイン手法についての個人的な考えを発信。

株のトレードについての与太話

f:id:mrkabusky:20181015223959p:plain

地合いが好転し、持続性のある相場になれば成長株への投資が盛んになる。ただ、成長株というのは将来への期待値を先回りして投資するので、若干のバクチ的要素を含む。不確定要素が満載である分、結果が予想に反すると大きな痛手を負ってしまう。

直近の地合いを見ると、成長株を長期目線で取り組むのは大きなリスクを伴うように思う。もちろん、エントリーポイントや軍資金の総量によってリスクの度合いは異なるが、新規参戦の場合は特に時間軸の管理に細心の注意を払いたいところである。

成長株以外については、割安感の漂う銘柄が徐々に増えて来ているように思う。新興市場以外では、金融系、特に銀行株に注目している。こういった銘柄は時間軸を長めに取り、じっくりとトレードしていきたい。

新興市場については、デイトレ、もしくは短期スイングで対応する。今の状況を見ると、数日間という短い時間軸でも株価が大きく変動するので、滞在時間を短く設定する方がリスク管理の点から適切であるように思う。

とりあえず、今は値幅が小さくとも資金管理を優先したトレードをする方がベターであると言えるだろう。