Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「短期スイング概論」(https://note.mu/mr_kabusky/n/nd297d59032e2)でメイン手法についての個人的な考えを発信。

株のトレードについての与太話②

f:id:mrkabusky:20181015223959p:plain

私もこのツイートに同意見。「BOY-KENとは同意見」である。(古い?)
特定の銘柄について徹底的にリサーチするのは、ホールド中に得体の知れない不安感に襲われない為である。どこの馬の骨か分からない銘柄を闇雲にトレードしても、不安要素が増えるだけでメンタル的にも良くない。
かと言って、リサーチを徹底化しても「いつ上がるか?」は正確には分からないので、不安要素を減らすことが出来ても、ゼロにすることは出来ない。時間軸を設定せずにひたすら待つのも一つの手だが、それが出来るのは一部の資産家だけである。
極論すれば、上記のツイートのように銘柄は何でも良く、入口と出口の戦略さえ間違わなければどんな銘柄でも理論上勝つことができる。それが現実的な手法かどうかはともかく、トレード技術を磨くという点では、色々な銘柄を満遍なく見ていくという視点は重要だろう。
色々な銘柄を見ていくと、銘柄特有のクセというのが分かってくる。ハッキリと分かる訳ではないが、「◯◯と△△は似たような値動きをする銘柄だな」ということは肌感覚で分かってくる。リスク管理という点からは、こういった嗅覚は必要ではないかと個人的には思っている。
だからこそ、トレードをひと休みしている間も色々な銘柄に目配せすることには意味がある。「銘柄特有のクセを知る」という観点からも、草食動物並みに視野を広くする姿勢は常に大事にしておきたいところである。