Mr.Kabuskyの雑論

個人投資家 / 株式投資 / テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード / note版 「短期スイング概論」(https://note.mu/mr_kabusky/n/nd297d59032e2)でメイン手法についての個人的な考えを発信。

株のトレードについての与太話③

f:id:mrkabusky:20181015223959p:plain

私もこのツイート内容に同感である。同じ銘柄でも時期とタイミングによって株価の適正水準は異なる。株価が低迷し、一向に上がる気配がないのでリリースしたら、息を吹き返したように株価が上昇する光景はよくある。そのタイミングを適切に図るのは難しい。

ただ、現在の株価が適正水準からどの程度乖離しているかは、企業価値と比較することで、ある程度測ることができる。詳細は割愛するが、バリュー投資家が行っているのと同じ作業をすれば大まかなイメージが浮かぶ。その際、現在から未来への視点が重要になる。

実際のトレードの場面では、現在の株価だけではなくチャートも併せて眺める必要があるだろう。チャートを侮ることはできない。明らかに死に絶えたチャート形成をしている銘柄をホールドしても期待値は高くはない。長期お祈りモードに突入するのがオチである。過去の事例を沢山検証することで、無間地獄に堕ちる事態は避けたいところである。

関連記事①:株のトレードについての与太話 - Mr.Kabuskyの雑論

関連記事②:株のトレードについての与太話② - Mr.Kabuskyの雑論