Kabusky.com

個人投資家 / 株式投資 / ジャンルを問わず、あらゆるテーマについて語ります。

株のトレードにおいて、自分の癖を可視化するメリット

f:id:mrkabusky:20180901011250j:plain

株のトレード日記を付けている個人投資家は多いでしょう。取引対象の銘柄や売買履歴、エントリーポイントについて自分なりに分析した結果などをノート類に書き記す。こういった作業は一見地味ですが、思考過程を後で追跡できるという点でその効用は大きいと言えます。

 

 

頭の中だけで物事を整理しようにも限度があります。実際に、細かく記録を残すという作業を通して自分のトレードの癖を把握し、改善点を見つけ出すことができます。今回の記事では、トレードで失敗する原因から、その改善策に至るまで、項目ごとに簡単に解説していきたいと思います。

 

 

トレードで失敗する典型例について

トレードで失敗する典型例は、あまり深く考えずにエントリーし、「何となく」という感覚的なものだけで判断を下してしまうケースです。特に値動きの激しい銘柄に取り組む際に顕著になります。ボラティリティ(=価格の変動率。つまり、値幅)が大きい銘柄は魅力的に映るでしょう。こうした銘柄は話題性もあり、多くの個人投資家の注目を集めます。

 

 

手っ取り早く利益を得たいという欲求が前面に出ると、判断に甘さが生じてしまいます。これは勝っている時に陥りやすい現象であると言えます。仮に、デイトレに近い時間軸でトレードに取り組む場合、じっくりと臨む場合よりも、短時間で精度の高い判断力が要求されます。ゲーム感覚に近いと言って良いでしょう。こうした局面では、欲求を抑える方が重要になります。

 

勝ちが続く時こそ要注意

勝ちが続くと、「永遠に勝てるのではないか」という謎の自信が生まれます。内実は根拠なき自信ですが、トレードをしている最中は自覚症状がありません。目の前の利益を逃したくないという欲求が高まると、冷静な判断は非常に難しくなります。

 

 

特にデイトレなどは値幅重視のトレード手法なので、「乗っている」場合は感覚が麻痺しやすいです。無意識のうちにトレード回数が増え、判断力が低下していることに気付きにくくなります。判断力が低下すると、理性よりも感情が優ってしまいます。

 

トレードにおいて、大事なのは「技術」

トレードで重要なのは「技術」です。ここで言う「技術」とは、チャート分析に代表されるように、客観的な指標を基に売買をするスキルのことを指します。確かに、トレード感覚に優れており、技術よりも感性で結果を残す個人投資家が居るのも事実です。

 

 

ただ、そういったケースはごく一部で、再現性という点ではあまり参考にはなりません。彼らの多くは専業の投資家であり、普段からフルタイムでトレードに臨むことができます。その中で磨かれる独自の感性は一般の兼業投資家には真似できないものと言えるでしょう。したがって、一般の兼業投資家は限られた時間内で、地道に「技術」を磨いた方が投資成績は安定しやすいと言えます。

 

 

こうした「技術」を磨く意味でも、トレードの履歴などを記録することは非常に有益な手段です。詳細な記録を通して、自分のトレードの癖を把握し、具体的な課題点について考えることができます。それは、例えば、トレード回数に問題があるのかもしれないし、銘柄についてのリサーチ不足なのかもしれません。人によって改善点は異なるので、そういった意味でも記録を残すという作業は自分にフィットした改善点を見つけ出す大きな手掛かりとなるのです。

 

トレードの記録をつける具体的な方法について

私が実際に行っているトレードの具体的な記録方法について紹介します。

 

A4サイズの横型の方眼ノート

ノートでは、主に取引した銘柄名や数量、何を根拠にエントリーしたのかなどについて日付とともに具体的に書いています。ただし、ノートに書く際は、最低でも数か月以上保有する予定の銘柄に限定して書いています。これは、短期目線の銘柄と違って、売買の時間軸が長い分、より詳細に分析する必要があるからです。

 

ノートに書くメリットは、ペン先に意識を集中させる分、記憶に残りやすい点が挙げられます。実際に手を動かす作業は原始的ですが、脳みそを活性化させるという点でも効果的です。ちなみに、私が使っているのはA4サイズの横型の方眼ノート です。

 

このノートは紙質が良く、ペン先が滑らかに運びます。また、A4サイズの横型なので、スペースを十分に利用することができ、チャート図をプリントアウトして貼り付けたり、それに自分なりに分析した結果などを書き込んだりできます。

 

横型にノートを使用することで、思考が広がる感覚が身に付くので、一目で全体像を把握しやすくなります。興味があれば、使用してみることをおススメします。

 

 

 
アプリ「マイトレード」

 アプリは【マイトレード】 を利用しています。このアプリは複数の証券口座の情報を一括で管理し、資産の推移をグラフ化してくれる便利なツールです。また、利食い・損切りラインを設定できるので、兼業投資家にとってはリスク管理がしやすいと言えます。

 

また、トレードごとにメモが残せるので、後で振り返る材料などに利用できます。実際に、記録を通してトレードを行う曜日や避ける曜日などが分かり、自分の「勝ちパターン」が可視化されるので、自分に合ったトレードスタイルの確立に役立っています。

 

ただ、デメリットは、情報の更新が1日1回であるのと、無料プランで使用できる機能が制約されていることなどが挙げられます。また、個人情報を管理するという点では、セキュリティ面が不安になる方も居るでしょう。

 

セキュリティ面については、個人情報保護の第三者認証プログラム「TRUSTe」を取得しており、さほど不安になる要素は現時点ではあまりないと言えます。どうしても気になる方は、ノートに記録するなどのアナログな方法を採用しても構わないでしょう。アプリでトレード情報を一括で管理したい方は、【マイトレード】 をおススメします。